ネイル関連記事記事一覧

最近では、ネイルサロンへ定期的に通う女性も少なくないようですね。ネイルケアをして、指先をキレイに飾ることは、女性の所作を美しく見せる効果があります。また、ネイルサロンへ定期的に通うまではいかなくとも、結婚式やパーティーなどへ出掛けるときだけ、特別な日のネイルアートを楽しむ方も増えています。さらには、ネイルサロンへ行く時間がない方でも、自宅で手軽にネイルアートを楽しむ方も増えています。それだけネイル...

ネイルアートの楽しみのひとつに、デザインの種類の多さがありますね。ネイルをアートするというだけあって、その枠は今や無限に広がっていると言えるでしょう。昔は考えられなかった、3Dやスタッズ、指1本ずつ別のデザインや、爪を並べて見たときの全体のアートなど、いまは多種多様です。そのアイディアは、プロだけではなく、セルフネイルしている人たちからも生まれています。初めてのネイルアートという方は、どんなデザイ...

ネイルサロンであればどこも同じ。そう思いますか?違いますよね。センスも、技術や知識のレベルも、みなさん違います。新しいものを学び習得しているかは、ネイリスト個人のモチベーションや意識の違いでしょうし、また流行りや季節に対応できるか、どこまで満足させられるかは、相性もありますね。ただし、やはり技術面で優れているスタッフが揃っているサロンはあります。また、1級でなければ施術できないスカルプを、2級保持...

ネイルサロンで特別な時間を過ごすのもいいですが、自宅で簡単にセルフネイルできたらいいですよね。マニキュアであれば、基本は簡単です。1.ベースコートを塗る。2.マニキュアを塗る。3.トップコートを塗る。例えば、ストーンやシールでアートを楽しみたいときは、マニキュアが乾いたらストーンやシールを着けて、その上にトップコートを塗るといいですよ。テープを利用して爪に貼り付けてマニキュアを塗ることで、テープを...

エアブラシでネイルアートをした経験はありますか?エアブラシを使用すれば、刷毛では表現できないアートが無限大に広がります。カラーを重ね合わせるグラデーションや、ステンシルを使用したアートデザインなど、非常に美しく表現することが可能になります。ブライダルやパーティーなどの場面では、非常に映えるネイルになるでしょう。ただし、エアブラシに関しては、かなりの慣れが必要となります。基礎セミナーなど、初心者であ...

もし、あなたがネイルの資格に興味があるのでしたら、ネイルの資格に必要な3つのポイントは知っておいた方がいいですよ。ネイルの資格に必要な3つのポイントとは?

ネイルオイルを使っていますか?ネイルオイルは、爪の保湿効果、また油分を与えるオイルのことを言います。ネイルアートを繰り返していると、爪は白くなり、不健康にツヤをなくしてしまいます。そこで、ネイルをする前のネイルケアを行ったあとにネイルオイルを使用します。ネイルオイルを使用すると、ネイルアートの持ちが良くなります。さらに、健康で丈夫な爪を保つことができるので、爪が折れたり色ツヤの悪い爪になりにくいと...

ネイルサロンでは、ネイルのプロがネイルの手入れやネイルアートを施術してくれるところです。ネイルアートをしてくれることは知られていますが、ネイルケアやハンドケアをしてくれるということはご存知でしたか?ネイルの手入れなど、プロにやってもらうと見違えるようにキレイになります。もちろんネイルアートもそうですが、爪そのものが美しくなりネイルカラーが映えるので、ネイルケアがいかに大切かがお分かりいただけるでし...

ネイリストが競うイベントに、『全日本ネイリスト選手権』があります。年に1度地区大会が行われ、各地区の優勝者(各種目)は世界最大級のネイルイベントでもあるネイルエキスポに出場できます。これは、新しい世界でもあるネイリストの育成に力を入れ、また各地域におけるネイル業界の活性化を目的に行われています。北は北海道から南な沖縄まで、全国8か所で大会は行われ、各地域・各種目の優勝者が東京で行われるネイルエキス...

ネイルデザインは毎年流行りがあり、季節に応じて変化します。フレンチは根強い人気がありますが、どうアレンジするかは流行りと個人の好みによりますね。また、小花柄はいつでも可憐な指先を演出してくれますし、チェック柄やキャラクター柄などのカジュアルなデザインも、普段使いにキュートですね。50'sやマリン、ブライダルやパーティーなど、それぞれのシーンやスタイルに合わせたデザインを楽しめるのも、ネイルの醍醐味...

ネイルカラーの基本の前に、ネイルケアの基本のお話をしましょう。ネイルケアをしっかりすることで、健康で丈夫な爪を維持し、また新しく生える爪も健康であることが望めます。1.ネイルカラーをしている場合は、リムーバーで除去します。2・キレイに除去したら、エメリーボードでネイルの長さと形を整えます。爪切りで形を整えようとすると、二枚爪やヒビ割れ等を起こす可能性が高いので、エメリーボードで行いましょう。【ネイ...

ネイリスト検定試験は、国家試験ではありません。ですから資格がなければ仕事ができないとか、開業できないというわけではありません。しかし、資格があることでネイルサロンへの就職の道が開けたり、お客さまへの信頼に繋がると言えるでしょう。実際にネイルサロンが出す求人広告には、『ネイリスト〇級以上』と具体的に表示することが多いようです。ネイリスト検定試験は、国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しい技術...

ネイルスクールを選ぶとき、どんなことを基準に考えますか?恐らく、ほとんどの方が近隣にあるネイルスクールを選択するのではないでしょうか。もちろん通える範囲であることは重要です。しかし、通える場所であっても、学びたいことが学べないのであれば、本末転倒ですね。ネイルスクールがない地域もありますので、「通える範囲にはない」という方もいらっしゃるでしょう。いまはネイル講座がある通信講座が数多くありますので、...

ネイルを本格的に習いたいと考える方は、年々増えています。元々はご自身がネイル好きで始める方が多いようですが、講座を受けるとなればかなり本格的に学べます。教室や校舎で受講できる講座のほかに、通信教育での講座もあり、近くに教室がなくても受講が可能となっています。コースは、ネイルを基礎から学ぶ初心者コースや、資格を取得するためのコースがありますので、ご自身に合ったコースを選ぶと良いですね。費用に関しては...

ネイルやネイルアートには、いくつもの種類があります。初めてネイルサロンへ出向くと、そのメニューの多さに驚いて、どうオーダーしたらいいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか。一般的ないわゆる爪にマニキュアを塗ることを、『カラーリング』と言います。自分の爪に色を塗る場合も、スカルプチュアネイルに色を塗る場合もカラーリングと言います。では、その『スカルプチュアネイル』ですが。スカルプチュアネイルは、...

マニキュアを塗ったときに気泡ができた経験がある方は、多いのではないでしょうか。実は、マニキュアでのトラブルで、最も多いのはこの『気泡』なのです。指先は意外と見られています。マニキュアがキレイに塗られている女性は、それだけで余裕が感じられます。せっかくのネイルにプツプツと気泡があって凸凹になっていると、ゲンナリですね。では、気泡ができる原因と、できたときの対処法についてお話ししましょう。そもそも、マ...

◎マニキュアの落とし方ネイルを落としたい指の数だけコットンを用意します。コットンにリムーバーをたっぷりと含ませて、そのコットンをネイル全体が覆うように被せてしばらく放置します。ネイルカラーが溶け出すので、押さえながら手前に引いて、ネイルを落とします。コットンで無理に擦って落とそうとすると、傷がついて爪がツヤをなくします。リムーバーでしっかり溶かすことがポイントですね。また、取り残したマニキュアは、...

セルフネイルで最も多い失敗は、乾く前に触って傷つけてしまうことではないでしょうか。うっかり触ってしまって、「あぁー!」なんてこと、ありますよね。できればネイルは早く乾かしたい!速乾性に優れたネイルカラーがあれば、そんなうっかりがあっても大丈夫です。いまは、国内外のメーカーで多くの速乾性に優れたネイルカラーが販売されています。「使用してみたけど上手く塗れない」ということがあれば、もしかしたら分量が少...

どんなに安くても早くても、仕上がりが美しくないネイルサロンには行きたくないですね。やはり求めるところは、仕上がりの美しさです。美しい仕上がりの条件は、もちろんネイリストの手腕にあります。また、使用する道具の良さやジェルの種類によっても、大きく左右されます。最近の主流となっているジェルネイルは、ゲル状の樹脂を爪に塗って、UVライトの照射により硬化させる手法です。マニキュアよりも長持ちし、爪の違和感が...

ハードジェルは、ジェルネイルが始まった当初からあるタイプです。硬度が高いため、自分の爪よりも長くしたいときやストーンや3Dアートなど重さのあるアートをするときに向いています。透明度が高く折れにくい強度を持ち合わせており、装着感が軽いため好まれてきました。ただ、除去する際にリムーバーでは取れずファイルで削る必要があるため、自分の爪を傷つけることも多々あり、また手間がかかるという点がデメリットとなって...