ネイルに関する検定試験

ネイリスト検定試験は、国家試験ではありません。
ですから資格がなければ仕事ができないとか、開業できないというわけではありません。
しかし、資格があることでネイルサロンへの就職の道が開けたり、お客さまへの信頼に繋がると言えるでしょう。
実際にネイルサロンが出す求人広告には、『ネイリスト〇級以上』と具体的に表示することが多いようです。

 

ネイリスト検定試験は、国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しい技術と知識の向上を目的とした検定試験で、実践に直接役立つものです。

 

1級 :トップレベルのネイリストとして認められる技術と知識。
2級 :サロンで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術と知識。
3級 :ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技術と知識。

 

試験は、実技試験と筆記試験を行ないます。
趣味の域を超えて、就職や開業をお考えの方は、検定試験を受けてみませんか?

 

最近では、ジェルネイルが主流なので、ネイリスト検定よりもジェル検定を重視する方もいるようですが、ジェルしかできないネイリストなど信頼してお任せしようと思うでしょうか。
確かに主流派ジェルですが、まずはネイリスト検定を取得しましょう。
続いて、ジェルネイル技能検定を取得しましょう。

 

検定試験を受ける際の勉強は、独学・通信教育・スクールと選択肢があります。
やはり習得しやすいのはスクールに通って、目で見て耳で聞いて実際にやって、良い所悪い所を見てもらえる環境です。
しかし通信教育でも資格を取得している方は少なくありません。
いずれにしても、ご自身の努力次第というところがありますね。
興味がある方は、セルフネイルのために勉強する方もいるようです。

 

仕事にすることをお考えの方も、趣味でやりたい方も、また開業をお考えの方も、興味のある方は楽しく学ぶことができますよ♪