ネイルの種類

ネイルやネイルアートには、いくつもの種類があります。
初めてネイルサロンへ出向くと、そのメニューの多さに驚いて、どうオーダーしたらいいのか悩む方も少なくないのではないでしょうか。

 

一般的ないわゆる爪にマニキュアを塗ることを、『カラーリング』と言います。
自分の爪に色を塗る場合も、スカルプチュアネイルに色を塗る場合もカラーリングと言います。

 

では、その『スカルプチュアネイル』ですが。
スカルプチュアネイルは、専用アクリルパウダーとリキッドを使用して、自分の爪を希望の長さまで延長し形を作るものです。
自分の爪とフィットするので、簡単に取れる心配はありません。
クリアなものと色付きのものがあり、色の種類は豊富でラメ素材もあるので、希望のデザインに仕上げることができます。
折れるなどのトラブルは少なく、硬さがあるのでかなり丈夫です。
ただし、スカルプチュアネイルが浮くことで隙間に水分が入ると、カビが発生することがあるので、2〜3週間に1度のサロンでのケアが必要です。
また、はずすときは専用のリムーバーが必要なので、サロンへ行かなくてはいけません。

 

最近主流になっているのがジェルネイルです。
自分の爪やスカルプチュアに使用する合成樹脂で作られるネイルで、紫外線で固まります。
マニキュア特有のニオイがなく落ちにくい特徴があり、爪への負担も軽いネイルので長く楽しむことができます。
色も豊富で透明感や輝きがあるので人気がありますが、20分程度と短いで施術ができることも人気の秘密かもしれないですね。

 

また、ネイルに様々なデザインを施すことを、ネイルアートと言います。
グラデーションやマーブル模様、フレンチネイル、ラメ、ホログラム、3Dなど、種類は非常に多く、流行や季節などに応じて選ぶことができますね。

 

きついニオイがなく、浮きにくいのでカビの心配がないカルジェルは、3〜4週間に1度サロンのお手入れをすればいいので、手軽に楽しむことが出来ます。
さらに、爪を削ることなく施術できるバイオジェルは、サロンでのお手入れが必要なく、浮いてくる心配がないのでカビの心配もありません。
最も爪に優しいメニューと言えるでしょう。
オーダーチップは、個人の爪の大きさに合わせてお好みのデザインで作り、両面テープで爪に貼り付けるだけの手軽なネイルチップです。
ワンタッチネイルは、両面テープを使用することなく、爪の上に載せて押さえるだけのネイルチップで、非常に手軽に使えますが、水に弱いのが欠点ですね。
現状では取り扱いがあるサロンは少ないようです。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて選択すると良いですね。
初めてサロンへ行く場合は、分からないことのほうが多くて当たり前です。
遠慮しないでサロンの方に聞いて、しっかりお好みのものに仕上げてもらいましょう。