ネイル☆ソフトジェル

どんなに安くても早くても、仕上がりが美しくないネイルサロンには行きたくないですね。
やはり求めるところは、仕上がりの美しさです。

 

美しい仕上がりの条件は、もちろんネイリストの手腕にあります。
また、使用する道具の良さやジェルの種類によっても、大きく左右されます。

 

最近の主流となっているジェルネイルは、ゲル状の樹脂を爪に塗って、UVライトの照射により硬化させる手法です。
マニキュアよりも長持ちし、爪の違和感がほとんどなく、仕上がりの透明感や美しさが支持されている理由でしょう。
ジェルネイルには、ソフトジェル(ソークオフジェル)とハードジェルがあります。
ここではソフトジェル(ソークオフジェル)についてお話ししましょう。

 

ほとんどのネイルサロンの主流が、ソフトジェル(ソークオフジェル)です。
専用リムーバーでオフすることが可能なので、非常に手軽であることで広まりました。

 

ハードジェルを使用する際、爪の表面とジェルの接着度をあげるプライマーという溶液を使用します。
ソフトジェル(ソークオフジェル)は、プライマーを使用しないので、地爪を傷めることもなく、爪のトラブルがありません。
柔らかい素材なので、折れる欠けるなどのトラブルが少ないことも魅力のひとつですね。

 

ソフトジェル(ソークオフジェル)は、メーカーによってバイオジェル・カルジェル・アクセンツなどの呼び方になります。
大きな使用感の違いはありませんが、サロンによっては複数のメーカーの物を揃えているところもあります。