エアブラシでネイルアートの幅が広がる!

エアブラシでネイルアートをした経験はありますか?
エアブラシを使用すれば、刷毛では表現できないアートが無限大に広がります。
カラーを重ね合わせるグラデーションや、ステンシルを使用したアートデザインなど、非常に美しく表現することが可能になります。
ブライダルやパーティーなどの場面では、非常に映えるネイルになるでしょう。

 

ただし、エアブラシに関しては、かなりの慣れが必要となります。
基礎セミナーなど、初心者であっても受けられる講座もありますが、いきなり独学でマスターしようと思うと大変困難でしょう。

 

また、エアブラシのハンドピースにはシングルとダブルがあり、慣れるまではシングルを使用し、慣れたところでダブルに持ち替えるのが理想ですが、金額などを考慮するといきなりダブルを使用して慣れるように努力するのも良いかもしれませんね。

 

シングルアクションの場合、一定量の絵具を噴くときに便利ですが、絵具の量の調節にはハンドピース後方ボタンを回す必要があるため、片手で絵具の量を調整できないという不便さがあります。
ですから作業効率を考慮して、シングルアクションをホワイト専用で使用している方も多いようです。

 

ダブルアクションの場合、プッシュレバーの操作だけで絵具の量を調整できるので、作業効率が非常に良いです。
また、細くて軽くて持ちやすい形状なので、繊細な作業が簡単にできます。
ただし、プッシュレバー操作には、慣れが必要です。
しばらくは練習になるでしょう。
ダブルアクションは絵具の量を調整できるので、活躍の場が多く可能性が広がります。

 

シングルとダブルではそれぞれの利点があるので、理解した上で、どんなネイルアートをしたいのかなど目的に合ったものを選択すると良いですね。

 

エアブラシは、ノズル口径も選択しなければいけません。
ノズル口径によって、絵具を吹き付けるときの絵具面積の大きさが変わります。
もちろん爪に吹き付けるわけですから、ノズル口径も非常に小さいものになります。
通常のエアポリッシュを使用する場合は、0.2mm口径のハンドピースを選んでください。
ただし、使用する絵具が、粘度の高いラメなどの粒子の大きなものであれば、0.3mm口径にする必要があります。

 

エアブラシを使用することで、ネイルアートの幅が広がります。
ただし、買えば使いこなせるものではないので、講習を受けたり練習するなどして、上手に使いこなせるようになりましょう。